ようこそ! 「破損・故障したHDDを修理する方法」へ
ホーム >  使い方や用語  > HDDのチェックとは


HDDのチェックとは

デスクトップパソコンの場合、操作中にいきなり電源が切れてしまう事はあり得る現象です。

このような場合、ファイルの書き込みが中途半端になっている事が多いですね。

その中途半端になってしまったファイルがあるかどうかをチェックする事も出来ますし、中途半端なファイルは使う事が出来ません。

HDD内を整理する必要があるので、ファイルのチェックをする方法をお教えしましょう(*^_^*)

まずは「マイコンピュータ」を開き、自分のパソコンのHDDを開きましょう。

普段使っているのは「C:」と表示されているHDDになります。

これを選択して右ボタンをクリックし、メニューを表示します。

「プロパティ」を選択し、「ツール」を開いたら「エラーチェック」という項目があります。

そして「チェックする」をクリックすると、ファイルのチェックが始まります。

ファイルが中途半端になっていると、一定の長さに切り分けられたデータの順番が途中で切れてしまっています。

ファイルの前後が切れてしまっている状態なので、一つのファイルとして認識出来ません。

もしもそのような状態のデータが複数あると、どれとどれが対だったのかが分からなくなってしまいます(^_^;)

このような状態は「破損ファイル」と呼ばれ、元に戻す事は不可能です。

つまり、綺麗にするという事が『チェックする』という事になりますよ。