ようこそ! 「破損・故障したHDDを修理する方法」へ
ホーム >  使い方や用語  > 別のHDDを接続するには


別のHDDを接続するには

一般的なパソコンには、一つだけHDDがついていますが、複数のHDDをパソコンに接続する事が出来ます。

HDDが壊れてしまった時にも利用出来ますし、HDDが複数ある場合はWindowsが起動するHDDを指定する事が出来ます。

方法としては、追加するHDDにWindowsをインストールし、そのHDDから起動するようにします。

また壊れてしまったHDDは『D:』等と表示されるようにしておきましょう。

もしWindowsが起動した後、『D:』が正常に表示出来るようなら、故障の程度は軽いと判断出来ます。

軽いと言っても、何時どんな状態になってしまうかわからないので、バックアップを取っておきましょう。

バックアップさえ取っておけば、万が一壊れてしまっても安心ですよね(*^_^*)

バックアップの為に『D:』内にある必要なデータを『C:』にコピーしておきましょう。

もしも『D:』と表示されない状態になってしまったら、深刻な状態です。

ですが単にデータが壊れているだけなのか、物理的に壊れてしまったのかを判断する事は出来ませんが、必要なファイルが無いと言えるなら、壊れたHDDにWindowsを再インストールしても良いでしょう。

再インストールすると、全く問題なく使用出来るという事もあります。

HDDが故障する現象にも色々な状態がありますが、どんな場合でも必要なデータのバックアップを取っておくという事が大切になります。

データさえキチンと確保出来ていれば、落ち着いて作業する事が出来ますよ。