ようこそ! 「破損・故障したHDDを修理する方法」へ
ホーム >  ハードディスクの故障の原因  > HDDは熱が原因で故障することも


HDDは熱が原因で故障することも

普段はパソコンに内蔵されているHDDを、意識する事はありませんよね(^_^;)

ですがHDDが故障してしまうと、急に困る事になり、普段はあまり意識していなかった所も、故障して初めて重要な所だったと認識するでしょう。

そこで、万が一の事を考え、データのバックアップは重要になります。

正しく『後悔先に立たず』ですよ!!

では、HDDが故障する原因にはどのような事が考えられるのでしょうか?

HDDはモーターによって円板が回転するようになっていますが、内部はとても微細な構造で出来ています。

最近のHDDはノートパソコンを想定しているので、ある程度の振動に耐えれるようにはなっていますが、それでも振動には弱いです。

パソコンの電源が入っている状態でも、データの書き込みをしていない時はモーターを停止させたり、回転を下げたりする機能が付いていてい、HDDが故障するのを少しでも防ごうとしています。

ですが、不慮の事故で故障してしまう事はあります。

原因が衝撃でない場合は、「熱」が関係している事があります。

構造上密閉された中でモーターは回転しています。

かなりの発熱になるので、単体でファン等を使用しない場合、手で触れる事が出来ないくらい熱くなります。

空気の流れを遮断しないようにする必要があるので、空気の吐き出し口や取り込み口に紙等を置き、塞ぐような事をしてはいけません。

とは言っても、細心の注意を払っていても、故障を避ける事が出来ない場合もあります。

確実にバックアップを取っておく事が大切になります。