意外と簡単なHDDの交換

パソコンの中にはるHDDが、何かしらの原因で故障してしまった場合、パソコンが立ち上がらなくなります。

症状が軽いようなら、データを修復すれば元に戻すことが出来ますが、最悪の場合、新しいHDDに交換する必要があります。

HDDの交換は難しいように見えますが、実はとても簡単です。


それはパソコンはHDDを交換することを前提にして、作られているからです。

新しくHDDを買うようなら、折角の機会なので容量が大きいものを考えてもいいのではないでしょうか?

とは言ってもHDDには容量だけでなく規格の違いもあります。

自分のパソコンにあったHDDを購入する必要があるので、パソコンショップやメーカーのホームページで確認をしましょう。

もしノートタイプのパソコンなら、本体を裏返すと爪のようなものがあります。

それをスライドさせるとHDDを取り出せるような構造になっているのがほとんどなので、自分で交換してみてはいかがでしょうか?

不安があるようなら、HDDを購入する予定のパソコンショップ等に依頼すると、すぐに交換してくれます。

さて、簡単に交換できるHDDですが、その後が実は大変です。

購入したばかりのHDDの中身は空っぽなので、Windowsのプログラムや追加したソフトウェア等をインストールしなくてはいけません。

Windowsであれば、パソコンに添付されている『修復ディスク』をCDに差し込み、パソコンを立ち上げればインストールが始まりますが、他のソフトウェアは個別に行う必要があるので、作業は1日かかってしまうでしょう。

最近はハードディスク全体をコピーできるEaseUS Todo Backupなどのようなクローンソフトもあります。

これを使うとWindowsが入っているドライブもコピーできるので再インストールの必要がなく便利です。

▲ページトップに戻る