HDDを交換する方法

HDD(ハードディスク)は、パソコン内にある全てのデータとプログラムを保存しています。

モータと物理的な接触を伴う円盤を持っている機械なので、長年使っていると壊れてしまうことがあります。

もしもパソコンを使っている時、金属音のような変な音がするようなら、HDDが壊れかけている可能性があります。


これは、HDDのモーターか円盤部分からの音ですが、HDDが壊れて読めなくなる前に、新しいものに交換する必要があります。

二つのHDD間でデータをコピーする場合、普通のファイルコピーを利用しても良いのですが、Windowsのシステムはそのままではコピーすることが出来ません。

このような場合、Windowsを新しいHDDにインストールするか、システム全体をコピーしてくれる EaseUS Todo Backup のようなクローン ソフトウェアを利用する必要があります。

その作業をする前には、壊れかけているHDDのファイルを、安全な所にコピーしておく必要があります。

これはいつ壊れてしまうか分からず、保険をかけていない車を運転するのと同じことです。

万が一事故が起こってしまったら、本当に大変なことになってしまいますよね。

まずは、パソコンに実装しているHDDを同じ型か、同じ容量のものを用意し、Windowsをインストールします。

退避させるHDDの容量が十分にあることを確認し、USB接続で増設用のHDDを使用したり、ネットワークで接続をしている別のパソコンでも構わないので、取り敢えずコピーをしておきましょう。

それから落ち着いてHDDを交換する作業に取り掛かるといいですよ。

▲ページトップに戻る