ようこそ! 「破損・故障したHDDを修理する方法」へ
ホーム >  使い方や用語  > バックアップソフトを使ってバックアップする


バックアップソフトを使ってバックアップする

パソコンの中で一番大切なのは『HDD(ハードディスク)』ですが、一番壊れやすい場所でもあります。

デジカメから取り込んだデータや、自分が書いた文章は勿論ですが、プログラムを含むすべてのデータがHDDには保存されています。

消えてしまったら困ってしまうので、保険をかける意味でもバックアップが大切になります。

もっと分かり易く言えば、壊れてしまっても大丈夫なように、別の場所(別のハードディスクなど)にデーターをコピーして保管しておく、という事ですよ(*^_^*)

さて、コピーをする場合ですが、作業をしたその日にパソコンのデータをDVDやUSBメモリーにコピーする作業が、一番手っ取り早いですよね。

バックアップの方法も、更新したファイルや新規作成して内容が変わった所だけを選び、コピーする方法と、単純にコピーをする方法がありますが、変更した所だけを選ぶ方法を『差分バックアップ』と呼んでいます。

単純なコピーなら、コピー先とコピー元を開き、コピー&貼り付けをするだけで作業は終わります。

特にソフト等は必要ありませんが、差分バックアップをする場合は、バックアップ専用のソフトウェアを用意しなくてはいけません。

バックアップはパソコンを使っている限り常に行う必要があります。

ソフトウェアをインストールしておけば、バックアップを自動で行ってくれます。

何より、どんな形でも構わないのですが、バックアップが重要だという事は忘れないようにして下さいね(*^_^*)

おすすめのバックアップソフトはこちら
ノートン2009シリーズ新登場!
超有名な一本。セキュリティと一体になっているのでお得ですよ。