ようこそ! 「破損・故障したHDDを修理する方法」へ
ホーム >  ハードディスクの故障の原因  > HDDが故障してしまう原因


HDDが故障してしまう原因

パソコンには、データやプログラム等を保存するためにHDDというものがありますが、この中は一体どのようになっているのでしょうか?

HDDの中は、CDと同じような円板が何枚も重なっていて、高速回転しています。

万が一パソコンに衝撃が与えられると、円板の表面に傷が入ってしまう事があります。

すると、HDDに致命的な故障が起きてしまいます。

円板の一部に傷が入っただけなら、その部分を使用しない状態にすれば、他の部分は正常に使用する事が出来ます。

ですが、傷が入った部分にあったファイルは、壊れてしまっているので読み出す事が出来なくなってしまいます。

もしもファイルが重要なものだと、Windowsが立ち上がらない事もあります。

なので、パソコンが起動している最中は、衝撃を与えないようにしましょう。

もちろん、普通に使っている状態なら、神経質になる必要もありません。

特にノートパソコンは、起動している最中に場所を移動させたり、向きを変える事は日常的にある事なので、メーカーでも衝撃の対策をとていますが、パソコンを落としてしまうような事があると、故障の原因になってしまいます。

HDDが動いている時は、表示ランプが点滅しています。

なのでその状態をチェックしながらパソコンを動かすように注意した方がいいでしょう。

HDDには沢山のデータを入れておく事が出来ますが、機械なので壊れる事もあります。

もしかしたら壊れるかもしれないという事を頭の中にいれて、パソコンを使うようにしましょう(*^_^*)