HDDのデータを消去する方法

パソコンには、色々なデータを保存しますが、作業内容によっては個人情報等を保存することもありますよね。

なので、パソコンを破棄する時は、データを確実に消去しておく必要があります。

Windows上で削除しても、ファイルのデータを削除したことにはなりません。


表面的に見えないようになっているだけなので、注意が必要です。

完全にデータを消去するには、別のデータで上書きをしなければいけません。

そこで、活躍してくれるのが「ファイル復活ソフト」です。

ファイル復活ソフトには、データを消去する機能があるモノがあるのです。

ちなみにHDDが壊れて修理が必要な場合、ソフトウェアを使ってファイルを消去することは出来ません。

このようなケースでは物理的にHDDを壊す必要があり、HDDを外しハンマー等を使って壊せば良い訳です。

HDD内にはCDのような円板があるので、これを傷つけてしまえばデータを読み出すことはほとんど出来ません。

個人情報を扱うような業種の会社では、このような対応をしている所もありますね。

特に最近の個人情報の漏洩に対する社会的な影響は、会社の存続を危うくしてしまうことがあります。

どれだけ入念に対策をとっても、「やり過ぎだ」ということはありません。

確かにパソコンは便利な道具です。

ですが、データのコピーなどは簡単に出来てしまうので、取り扱いには十分に注意しましょう。

▲ページトップに戻る