HDD内のファイルが破損してしまったら

データを保存するために、パソコンにはHDDが付いていますよね。

HDDに実際データを書き込む時、一定の時間が必要になりますが、もしも書き込んでいる途中に電源が切れたりしてしまうと、中途半端にファイルが書き込まれた状態になってしまいます。

このようなファイルは、破損ファイルとして使うことが出来ず、ファイルが破損してしまうと異常終了やプログラムが起動しなくなるといった症状が起こります。


また、どのファイルが破損しているのかを調べるのは困難です。時にはプログラムを再インストールしなければいけません。

プログラムを再インストールする場合ですが、注意しなければいけないことがあります。

それは、動作がおかしいプログラムを、初めに削除しておくことです。これをプログラムの『アンインストール』と言います。

アンインストールの方法は、スタートメニューのコントロールパネルを開き、「プログラムと機能」を開きます。

動作のおかしい対象プログラムを選択し、削除を選ぶとアンインストールすることが出来ます。

※再インストールするためのCDやDVDが手元にあることが前提です。もしなければそのプログラムを再度購入する必要がでてくるかもしれませんので注意してください。

インストールを行う時は、念のためにパソコンを再起動してからにしましょう。

再起動しないでインストールをすると、正常には破損ファイルを削除しない場合があります。

また、異常終了する原因がプログラム自身ではなく、Windowsに原因がある場合もあります。

この場合はWindowsの修復が必要になりますが、詳しい方法はパソコンの説明書を参考にして下さい。

とは言っても、普通にパソコン操作を行っていれば、滅多に起こることではありませんよ。

▲ページトップに戻る