ファイルを復活させる方法

パソコンのHDDに関するトラブルは、間違ってファイルを消してしまうということが大半です。

確かにHDDは機械なので、物理的に壊れていしまう可能性もあります。

ですが、そう簡単に壊れるモノではありませんが、誤ってファイルを削除してしまうということは、人が行ってしまうことなので、失敗してしまっても不思議ではありません。


そこで、万が一ファイルを削除してしまった時のために、ファイルを復活させる方法についてご紹介しておきましょう(*^_^*)

ファイルの削除ですが、実は実際にファイルを消している訳ではありません。

そのファイルに『未使用マーク』を付ける作業のことを言います。

もちろん、マークを付けるというのはあくまでもイメージで、データにそのような印を付けます。

つまり、未使用マークが付けられたフォルダを開いても、そのファイルは表示されなくなりますが、HDD内にはデータとしては残っている状態です。

それを再び表示されるようにするものが「ファイル復活ソフト」と呼ばれているソフトです。

また、ここが重要なのですが未使用マークが付いたエリアは、いずれ使用されてしまい、使用した時点でファイルのデータは完全に消えてしまいます。

なので、間違ってファイルを削除してしまったら、直ぐにファイルの復活をして下さい。

おすすめのソフトはこちら

ただし、これらの新しいソフトをインストールすることで削除してしまったファイルを上書きしてしまうリスクがあることに注意してください。

上記ソフトウェアはCDから直接起動することができるので、緊急の場合はインストールせず直接起動して利用してください。

購入はパッケージで買うか、別のパソコンで購入・ダウンロードしCDに入れるか、USBメモリーに入れて利用しましょう。

▲ページトップに戻る