使い方や用語

ファイルの整理整頓の仕方

投稿日:2009年9月16日 更新日:

パソコンのHDD(ハードディスク)には、データを沢山入れることが出来ます。

なので、何年も使っていると、データも沢山溜まってきます。

すると、内容が分からなくこともよくありますよね(^_^;)


パソコンのフォルダも、実際のファイルやフォルダと同じように整理整頓しないといけません。

フォルダが必要になった時、なかなか見つからないこともあるので、机の上を整理するのと同じように、パソコンのデータも整理しましょう。

まずファイルを関連したモノ同士で集め、フォルダの中に入れます。

もしフォルダも関連したモノ同士なら、そのフォルダよりも上の階層にフォルダを作ります。

因みにフォルダの階層は、ほとんど無制限です。

いくらでも深くすることは出来ますが、余り深すぎると余計に混乱してしまうので、3~5階層ぐらいが良いでしょう。

また、ファイルを並び替えた時、何時も同じ順番に並ぶように工夫することも大切です。

例えば、ファイル名の前に数字で番号を付けておくという方法です。

これなら名前で並び替えを行った時、何時も同じ順番になります。

工夫は他にも色々とあるので、自分なりに探しやすい方法を見つけましょう。

仕事でパソコンを使用するようなら、職場でファイル名の付け方について決まりを決めておくと、他の人が作成したフォルダでも置き場所が分かります。

作業の効率化に繋がるのでおすすめです。

他にも、過去のデータ等は頻繁に見ることはありませんが、流石に捨てる訳にもいきませんよね。

なので年度ごとにフォルダを作り、その中に入れておくと便利ですよ。

-使い方や用語

Copyright© 破損・故障したHDDを修理する方法 , 2018 AllRights Reserved.